60歳を超えてもサイクリングで身体を鍛えなおす

初老からの挑戦。 サイクリングで元気な身体を取り戻す


悲報! zwiftの月会費の値上げ


5月8日にzwiftからメールが届きました。


タイトルは、「【価格改定のお知らせ】 Zwiftサブスクリプション 月額プラン」
内容は、

こんにちは、Wingさん

いつもZwiftをご利用いただき、ありがとうございます。このたび、Zwiftサブスクリプションの価格改定を実施することになりました。Zwiftの月額メンバーシップ料金が¥2,400に変更となります。

改定後の新価格は、6月6日以降に発生するお支払いに適用されます。

というものでした。

今までの 1,650円/月が、6月6日以降、いきなり2,400円/月と750円の値上げ。
約45%の値上げです。
最近の円安の影響も有るのでしょうが、アメリカをはじめ、全世界一斉値上げという事です。
今まで、年契約すると10ヶ月分で12ヶ月の利用ができたので、16,500円の年払いに切り替えようとしたら
すでに、年契約も24,000円に変更されています。
猶予期間無しというのはあまりと言えばあまりの仕打ち。

5ちゃんねる(旧2ちゃんねる) も、 x(旧twitter)も大荒れです。
自転車レビューサイト cbnblogでも、
Zwiftの値上げで約半数のユーザーが解約を検討中? (海外掲示板の観察)
という内容の記事が書かれています。

これから間もなく年金暮らしが始まる私に9,000円/年(750円×12ヶ月)の値上げは厳しい。
それだったら1年でタイヤ1本を9,000円で買って実走していた方が楽しい。
でも、天気が悪い日、寒い日もあるし、実走では事故のリスクも有る。(骨盤骨折の経験者ですから)

この2日ほど考えた私の結論は、zwiftを止めます。
zwiftでグループランやレースを楽しんできた方々はzwiftに残る人も多いと思います。
でも、いつもボッチで走って、一人で記録を取って楽しんできた私は別にzwiftにこだわる必要はありません。
zwiftは月25kmまでなら無料なんですけど、それなら月に1回だけアルプデュズ挑戦を続けても良いかな?

以前にzwiftにするか悩んでいた時に、OneLapを検討、試したこともあります。
スマートトレーナーがTacxという事もあり、Tacx Trainingで少しだけ試したことがあります。

今回は、日本に上陸したばかりの WhiizUを楽しんでみようかと考えています。
まあ、まだ1ヶ月弱の猶予があるので、いろいろ試してみるのも良いでしょう。

あっ! でも、このブログのタイトル、
60歳を超えてもzwiftで身体を鍛える
zwiftを変えなきゃあ。  面倒な話です。 (´;ω;`)ウッ…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP